未来食堂@神保町に行ってきました

念願の!未来食堂にいってきました★
店主の小林せかいさんは、ウーマン・オブ・ザイヤー2017受賞されていたり
ガイアの夜明け」をはじめとしたテレビ番組にも取り上げられ、話題にもなったので
知っている方も多いかなと。

 

f:id:shigemioden:20170614184419j:plain

 

この本。「ただめしを食べさせる食堂が今日も黒字の理由」

めちゃくちゃおすすめです!!!!!!! 

 

 

テーマが「 合理的な夢の叶え方」。

「夢は願えば叶うんだ!」っていうモチベーション系のやつはもうお腹いっぱいで
「事業計画書を書いてみなさい」→書いて出す→(たいして読みもせずに)
「お前にはまだ早い」的なこと言ってくる系のやつにも辟易している
そんなやさぐれ者のわたしに、ちょーどいい距離感、意味合いで
指針をくれたとても良書でした。

ですが、百聞は一見にしかずということで!


実際に未来食堂にいってきました!

f:id:shigemioden:20170614181430j:image

 

うわーーーー!本物のせかいさんだ!!!!!!
というわたしの心の叫びを気にとめることもなく、
今日もせかいさんはキビキビとした身のこなし。
たった1人で席数12席のコの字カウンターに座るお客さんをさばいていく。

本では定食900円とあったけれど、
6月30日まではご飯スープの500円セットに、好きな小鉢(100円)を選んで
注文するスタイルになっていました。
座ると同時にセルフごはんのおひつと、スープを出してもらえて
待ち時間がない。無駄がない。美しい。


そして、無駄に愛想をふりまくことのないせかいさんの接客。
お見事。みていて気持ちが良かったです。

一切のムダがない、効率的なシステム。
でもその裏?一段階深部に隠されている真意や想いの部分を本で読んでいたので
直接目にすることのできた感動はひとしお。

 

本の題名にもなっている「ただめし」というのは、正確には
50分お店をお手伝いすると、一食無料になる「まかない」というシステムのこと。
お手伝いしたご本人が食事をいただくことはもちろん、
自身でいただかずに「ただめし券」として店内に掲示しておくことができ
それを来店した方が自由に使用することができるという仕組みなのです。

 

写真を撮り忘れてしまいましたが…
たしかに貼られていました、ただめし券。
これはただめし券ではなく各席に貼られた食堂の本ラインナップと
週末のせかいさんトークショーのお知らせですが…笑

 

f:id:shigemioden:20170614181436j:image

 

システムは洗練されきっていて一切のムダがないのに、
手書きのメニューとか。お知らせの余白にせかいさんのつぶやきみたいなことが
ちょこっと書いてあったりとかするあたりに
人間味がにじみ出ていて。なんとも言えないほっこりした感じに。 

 

「システム」って洗練されればされるほど、そのシステムに人が支配されて
本末転倒になっていっちゃうケースがほとんどだと思っていたけど
この未来食堂の「システム」は、店主の価値観とか「たいせつにしたいもの」を
ちゃんとたいせつにするために組まれていて、機能している。

「合理的」って、一見無機質で容赦ない響きのように感じる言葉だけど
ほんとうの意味は「理にかなっている」ということであって
「理」とは理念の理・理由の理・理想の理。
誠実に大切にしたいものを守り抜いているプロセスであり結果なんだなと
あらためて実感しました。

 

 

お会計のときにそっと手渡してくれたこれ。ちょっと感動した。本物だ…
お守りになりそうw

 f:id:shigemioden:20170614181507j:image

 

 まかないは2回目以降の来店時に直接せかいさんに申し出る仕組み。
次回行くときは、勇気をだしてまかない志願してみたいと思います^^


こちらも注文。届くのが楽しみです^^

 

 

★LINE@はじめてみました★
美味しいお店レポ、都内出没情報、日々の気づき
東京⇄山梨 2拠点・別居婚生活のリアルを双方向で配信していきます(^ ^) 

 ↓↓↓登録はこちらから↓↓↓

友だち追加